×

CATEGORY


 



 

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  エアーツール・エアーガン»  U-LAP 108 超音波振動研磨機 毎秒18,000~25,000回の超微細振動 複雑な加工に最適  JPIダイヤモンド

U-LAP 108 超音波振動研磨機 毎秒18,000~25,000回の超微細振動 複雑な加工に最適  JPIダイヤモンド

  超音波振動研磨機  U-LAP 108(AR-108)     JPIダイヤモンド
  毎秒18,000~25,000回の超微細振動により、ワーク細部の複雑な加工に最適です。
 
u-lap108-list.jpg 

U-LAP108のチャックは3mm丸径用と1mm厚平型用の2種類です。
1mm厚平型チャックはセラミック砥石専用工具です。
0.8mmなど薄物似ご使用の場合は鉄もしくは銅の板を挟んでご使用ください。
適用の長さは80mmとなっていますので150mmの長さで使用しますとブレる可能性がありますので切断してご使用ください。
適用の幅は13mm以下です。
UU-LAP 108 取扱説明
1) 電源は110Vか220V(100・200Vでも可)を選んでください。
   かならず、セッティングの前にスイッチの位置、ON・OFFをご確認ください。
2) 本体機械の先端カバーを外してください。チャックと工具の取り付けは、必ず付属の工具台に乗せてから専用スパナにて取り付けてください。
   重要・・・手のみで取り付けた場合は配線の故障原因になる可能性があります。
  チャックと工具を本体に確実に装着できたことを確認後、カバーを取り付けてください。
3) 本体に配線を接続確認後、電源をONにしたら1~3秒、出力振動数リサーチの為にランプが点滅します。
   機械本体の出力が自動的に調整後にランプが点灯したら切削使用可能です。
4) 万一、電源をつけても点滅状態でしたら、取り付け工具が確実に閉まっているか、工具と本体にゴミが付着していないかをご確認ください。
5) もし電源を入れてもランプに反応がない場合は、機械の裏側にあるフューズボックスをご確認ください。
★ チャックと工具の取り付け・取り外し時には、必ず電源をOFFにしてください。
★ 使用中出力がオーバーした場合はランプが点滅して、自動的に電源がOFF状態になりますので、数秒待って再度スイッチを入れてください。
★ 加工中急に停止させた場合は、機械は休眠状態になります。再度作業を開始するには、少し強くワークに当てながら化工調整いたします。
   (自動追尾装置付き)
u-lap106-list.jpg 

当社独自の超音波自動追尾センサーを内蔵し、各種先端工具の共振点を瞬時にキャッチ
  します。また私製工具でも、チューニング・ダイヤルと自動追尾センサーの働きによって
  簡単に共振点が得られます。
●ハードに削っても、モーター速度を低下させないフィード・バック回路。
●操作スイッチ、速度調整つまみの隙間からホコリの侵入を防ぐ防塵対策機構。
●バリアブル・フット・コントローラー(VC10)、ON-OFFフットスイッチ(FS18)が接続可能
●ソフト・スタート&クイック・ストップ機能。
●徹底した安全対策が施されています。
  ① 一次回路のショートや異常電流対策のためのヒューズ。
  ② トランスの温度上昇対策のための温度ヒューズ。
  ③ 出力回路が加熱した時、一時的に送電を停止する温度センサー。
  ④ モーターがオーバー・ワークした時に、一時的に送電を停止するサーキットブレーカー。









 

NEW

  • U-LAP 108 超音波振動研磨機 毎秒18,000~25,000回の超微細振動 複雑な加工に最適  JPIダイヤモンド

  • 型番・品番

    U-LAP 108

  • 販売価格

    154,242円(税込)

  • 領収書の必要な方は『宛名、但し書き』を下記にご記入下さい。

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 当日~3日以内に発送予定(休業日除く)


     

関連商品